恋する婚活部の縁結びブログ

【婚活成功メソッド】なぜ「婚活女子はキレイな人が多いのに、婚活男子はレベルが低い」と言われてしまうのか。

高野山の麓から縁結び♪
大阪・和歌山・高知で結婚相談所をしております、恋する婚活部の中西晋也です。

さて、婚活関係者の中でよく「女性はきれいな方が多いけど、男性のレベルが低い」という話を聞きます。

実際私がこの業界を見てきて、結局は見た目の話ですが、女性は小ぎれいにしている方が多いです。
一方、男性はというと、正直もったいないな~と感じる方が多いですね。

では、この差は何なのでしょうか?

結論を言ってしまうと、
決定的に、男は自分磨きをしていないのでダサい人が多い、すなわち自分の外見に興味が無い人が多い・・・というところでしょうね。

余談ですが、以前、初めてのデートで、男性がクタクタのジーンズにのびのびの原色の派手な色のTシャツであらわれ、しかも乳首が映っていて気になってデートに集中できなかったという報告を女性会員さんからいただいた事があります。

もちろん2回目はないですよね(笑)もったいない!

あなたは毎月、ヘアサロンに通っていますか?

さて、男性であるあなたは、いったい月にいくらぐらい、自分の見た目に使っているでしょうか?

呑み代はケチらないのに、頭は1000円カット。お見合いのスーツは10年以上前に買ったサイズの合わない時代遅れのものを平気で着ていく人って、結構多いのではないでしょうか?

一方、女性は、自分の外見を少しでも良く見せるため、自分磨きにお金を掛ける人が多いです。

男性諸君、女性はいったい月にいくら自分磨きにお金を使っているかご存知ですか?

化粧品代、美容室代、洋服代その他、人によって違うと思いますが、女性は美容に月に数万円以上かける・・・なんていうのは普通ですね。

もっとも、子育てをしている方は「そんなにかけられない・・・」とおっしゃるかもしれません。これはあくまでも独身女性の話です。

自分の見た目なんてどうでもよい、自分を好きになってくれる女性と結婚する!と思っている男性も多いと思います。

しかし、本気で婚活したいなら、ファッションに興味がないなら興味が無いなりに、情報を収集して知識を蓄え努力する、もしくはカウンセラーに相談するなど、今までの自分と違う行動をしなければいけません。

女性はみんなしていますよ!

婚活は就活と似ているとよく言われます。

例えると、お見合いは就活の面接です。

自分はスーツでビシッと決めて、髪型をきっちり整えて挑んだとしても、面接官が汚い作業着のような格好だったら、それだけでこちらからお断りしたい気分ですよね。
同じだと思います。

最近、当会員様で、お気に入りの方と交際まで進み、婚活に一層スイッチが入った方がいます。特に興味のなかった(おそらく)服装のことや、デートのお店など真剣に相談をいただきます。

・カットは毎月、1000円カットではなく美容室へ
・サイズの合った、デート用の靴、パンツ、シャツ、ジャケット(各数着)
・お見合い前は鼻毛やひげの手入れは必ず
・意外と自分では気づかない口臭・体臭
・コミュニケーションの取り方を学ぶ

本気で結婚したいなら、呑み代を削ってこのあたりにお金を使うことから始めませんか?

恋する婚活部にご入会いただきますと、美容室はこちらでいつでも紹介します。
男性のカットでしたら、3500円~4000円程度です。そんなに高いものではありません。

洋服も、高級なものである必要はありません。
ユニクロと無印良品で十分なのです。(余裕があるなら靴にはお金をかけてください!)
要は着こなし方のお勉強が必要なのです。(女性は当たり前のようにしてますよ!)
分からなかったら「マネキン買い」(マネキンの組み合わせをそのまま購入!)でいいのです。そこから始めてください!

参考になるおすすめ動画を載せておきます。
ユニクロ研究家のMBさんのyoutubeチャンネルです↓↓↓

同じカテゴリの最新記事

婚活者、必見!!「2:6:2の法則」とは...
【ご成婚者の声】しっかりとしたサポートで...
会員No.1の卒業生が高知サロンに遊びに...
【ご成婚者の声】「手に入れたい結果は何か...
top