高野山の麓から縁結び。恋する婚活部のブログ

【20代30代婚活】恐怖の婚活バスツアー体験記・完結編

恐怖の婚活バスツアー体験記・前編 からの続きです。

※10年前の体験談です。

牛乳瓶メガネくん、天ぷらさん、友人、そしてわたしのグループ4人でフードコートにてランチ中、ふと他の参加者に目をやると、あることに気づきました。

この冴えない男性約20名(←失礼!)の中に、およそ場違いな、シュッとした風貌の、モテる部類に入る男性が2人だけ、参加していました。
どうやら2人は、友達同士。何でこの婚活バスツアーに参加しているのか、不思議なぐらいです。
2人と同じグループでランチを取っている女性たちはキャッキャと楽しそうです。

その楽しげな女性たちを横目に、ランチを食べた後は、アウトレットモールで買い物タイム。買い物ぐらいは自由にしたい!という気分でしたが、基本的には先ほどの4人のグループでの行動がルールのようでした。

修学旅行かよ・・・(とほほ)

もともと、買い物は一人でする派。
特に、服なんかは誰かと買い物すると気を遣うので、一人で見たいのに・・・。

同じグループの男性に、「服は、自分たちで見てきますね〜!」と声を掛けて煙に巻こうとしましたが、牛乳瓶メガネくんと天ぷらさんが当然のようについてくる・・・。

これには困りました。

結局、また4人でウロウロし、あまり落ち着かないまま、それでもかわいいコートを2着、とってもお得な価格で購入しました。

それから再びバスに揺られて有馬温泉へ。

有馬温泉では、めいめいが誰かお目当の人を誘って温泉街を散策しても良いようですが、わたしは、お目当も何も、生理的に無理な牛乳瓶メガネくん、そして天ぷらさんとしかほぼ関わってない。

バスを降りたら、早速、友人を気に入っている天ぷらさんが、「ね〜ね〜、一緒に回ろうよ!」と誘ってきました。

わたしたちは、「いや!自分たちで回ります!!」と即答し、猛ダッシュ!!
男性たちがついてこれないように、温泉街の上り坂を一目散に、走りました。いや、逃げました。

そして、無事に有馬の湯に浸かって、やっと一息。↑有馬温泉には金泉・銀泉があるよ。これは金泉。

バスの集合場所まで、お土産屋さんなどを見ながら、ぶらぶら歩いて戻ります。ところが、ここは狭い温泉街。

今回の婚活バスツアーに参加していた人たちを、あちこちで見かけます。

参加者のある男性が、「俺、ちょうど一週間前も、有馬温泉に下見に来てたんだよね〜。今回のバスツアーで、女の子とどんな風に回ろうか考えて、プラン立ててたのに・・・」と、他の参加者の男性と歩きながら語っているのが聴こえてきました。

そこまで気合を入れて今回の婚活バスツアーに挑んだのに、その男性は、結局、どの女性ともペアになれずに、男性と二人で歩いている・・・。

わたしも、まあ、同じく、お目当ての男性も見つからず、当然、ペアにもなれず、女友達と有馬温泉街を歩いている・・・。
有馬の湯ですっかり温まったはずなのに、冬の風がわたしの頬に冷たく当たります。

辺りはもう夕暮れ時。
再びバスに乗車し、ドッと疲れたまま、会話もせず、ほぼ寝ながらあとは帰るだけ・・・と思っていたら、まだ、クライマックスが残っていました。
そう。大観覧車のある淡路島のSAで、夕食を取りながら最後のフリータイムと、いよいよカップリング発表です。フリータイムでは、女性陣は、あのランチの時に横目で見たモテ男子2人のまわりに、ハイエナのように群がっています。

わたしも、どうせなら群がってやろうかと思いましたが、何せ、全く、そのモテ男子たちと接点がなかったので、「まあ、いいか」とあっさり諦めました。

スタッフの方が、「気になる人を書いて出してくださ〜い」と紙を配ってきましたが、当然ながらわたしも友人も、白紙で出します。

ちなみに、こういう時、男性は少しでも気になる女性がいれば、誰かしら名前や番号を書いて出すようですが、女性は、よっぽど気に入った人がいない限り、白紙で出すことがほとんどなのだとか。(のちに、わたしは婚活イベントのスタッフを何度か経験しましたが、見事にその通りでした)

カップル発表は、何組誕生したかは忘れましたが、モテ男子2人は、ずっと一緒のグループだった女性とカップルになっていたような・・・。

疲れに疲れて帰路に着きました。

「もう二度と婚活バスツアーは行かない!」
と心に決めた、34歳冬でした。

ということで、わたしの恐怖の婚活バスツアー体験記は終わりです。

牛乳瓶メガネくんも、天ぷらさんも、誰かと結婚して幸せになってたらいいのですが・・・。

そして今、改めて思うのは、
合コンもパーティも、婚活バスツアーも、わたしにとって全く無駄な婚活だった
ということ。

貴重な20代、30代を無駄に使いました・・・。そうそう。

わたしが参加したバスツアーでいうと、男性20人の中に2人だけ、モテ男くんが混ざっていましたが、だいたい、どの婚活イベントでもそんな割合です。(主催側も何度か経験したのでよく分かります)
男性も女性も、全参加者の1割程度、約10人に1人ぐらい、なかなか見た目の良い、モテそうな人が混じっています。
当然、その人の周りに、みんなが群がります。(競争率、高っっ!!!)

気をつけないといけないのが、その人は純粋に出会いを求めて参加している場合もありますが、サクラの可能性も高く、宗教やネットワークビジネスのお誘いの可能性もあるということ。

つい最近でも、うちの会員様から同様の報告があり、「イベントはもうこりごり・・・」とおっしゃっていました。

見分け方は、
あまりにも見た目が良すぎる(つまり、プロっぽい)人や、
どの人とも万遍なくお話ししている人
は要注意です。

万遍なくお話ししながら、誘える人を見定めています。
※決して宗教やネットワークビジネスを否定するわけではありませんが、純粋な婚活の場で、他の目的で近づいてくるのはやめてほしいですよね。


その意味でも、本当に結婚したいなら、結婚相談所での婚活は、安全で効率的でベストな選択だと、自信を持ってオススメします。


追記:あの時アウトレットモールで購入したコート2着、当時はとても気に入って日替わりでよく着ていました。
まあ、婚活バスツアーの唯一の収穫は、このコートかな!
しかし、10年経った今は・・・サイズアップして、2着ともボタンが止められません・・・。
今では、クローゼットの奥の方に、あの時の思い出と共にひっそりと仕舞われています。

お知らせ

効率よく、賢い婚活なら、
恋する婚活部にお任せください。

自分自身も晩婚で、数々の婚活をした上で最後に幸せを掴んだ代表カウンセラーが、しっかりサポートします。
あなたの気持ちが分かるから、強いです。

12/21~29まで、高知サロンにて婚活の無料個別相談を行います!あと若干名、予約可能です。
ご希望の方はお気軽にメッセージください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【お問い合わせ】
恋する婚活部
080⁻5634⁻1149
お問い合わせフォームはこの下です。↓↓↓

同じカテゴリの最新記事

結婚を考えている人、みんなに読んでほしい...
オンラインお見合いで気を付けたいこと【後...
オンラインお見合いで気を付けたいこと【前...
「三密」避けて、デートを楽しみたい!GW...
top