高野山の麓から縁結び。恋する婚活部のブログ

【結婚相談所・婚活】仲人の役割は、ボクシングの「セコンド」と同じ。

結婚相談所での活動は「仲人との相性」がとても大事だと言われます。

実際に恋する婚活部でも、私たちと繋がりが強く、頻繁に連絡や報告、相談をくれる方ほど比較的早く良いお相手を見つけて、成婚されます。

婚活は、上手く行く人もいれば、苦労する方もいます。

苦労する人は、仲人との相性が良くない可能性があります。
一年間ほど活動してみてなかなか成果が上がらないのであれば、仲人を変更してみることも必要です。

相性の良い仲人と組むことが、結婚への近道

去年の秋頃に恋する婚活部に入会されたある女性会員さんは、他の相談所から友人の紹介でこちらに移ってこられました。

以前の相談所での活動を聞いてみると、2年間ほど活動していたのですが、お相手の紹介はほとんどなかったそうです。

ところが、当相談所で写真を変更して、プロフィールを書き換えることで、お見合いの申し込みがいきなり数十件ありました。

あとは自分の相性の良さそうな男性を、仲人と相談して選ぶだけです。
こちらの女性は今、とても相性のいい男性を見つけて、ただいま真剣交際中です。

仲人を変更して、相性の良い仲人とタッグを組むことは、結婚への近道なのです。

仲人の役割とは何か?

自分にとってベストな仲人を選ぶ上で、理解しておく必要があることは、仲人は異性を斡旋してくれる単なる「紹介屋」ではないということです。

お相手の紹介のみなら、お友達や会社の同僚でも可能だし、
最近ではネットアプリ婚活を利用すれば、わざわざ人の手を介してする必要のないものです。

では仲人の役割とは何か?

それは、ボクシングの「セコンド」の役割と似ています。

セコンドの役目は、試合中にリングサイドで選手に付き添い、ラウンドごとの1分間のインターバルに、作戦や指示を与えたり、傷の手当てなどをする人のことです。

試合中の選手は、目の前の相手を倒すために必死になり、冷静さを失います。

そんな時にセコンドの人が対戦相手のボクサーの状態を冷静に察知して、的確なアドバイスを与えるのです。

例えば、
「ボディーがきいてるぞ、そこを攻めていけ」
というアドバイスや、
「アッパーをもらいすぎている、少し相手と距離をとれ」

といったような細かなアドバイスをして、また選手をリングに送り込むのです。

このように短時間に専門作業を強いられるセコンドは、日頃から、すぐ側でボクサーの練習を指導し、長所、短所をよく把握していて、肉体面、精神面ともに、十分なる信頼を寄せられている人でなければ務まりません。

これこそ、仲人の役割と同じなのです。

つまり、結婚相談所に入会するということは、ボクシングでいう、トレーナー兼セコンドを任せられる人と個人契約を結び、人三脚で活動することなのです。

まとめ

繰り返しになりますが、ぴったりの仲人と出会うことで、あなたの婚活は、一気に無駄な時間を短縮することが可能です。

ですので、婚活に苦戦している方は一度、担当仲人を変更してみるか、相談所を変えてみると良いかもしれません。

婚活より、圧倒的に大切なのは相手が見つかった後の結婚生活です。
とっとと、婚活なんて終えてしまいましょう!

同じカテゴリの最新記事

結婚は、自分と釣り合う相手としかできない...
「結婚相談所って、大手ほど有利なのですよ...
ご両家の顔合わせにもぴったり!大阪駅前第...
「子どもがほしいから、30代までの女性し...
top