高野山の麓から縁結び。恋する婚活部のブログ

結婚相談所アレルギー問題。その2.結婚相談所は最後の砦?!

昔々、結婚相談所は、「最後の砦」と言われていました。

「どうしようもない人が、最後に行くところだ」と。

今も、昔々の意識から抜けきれていない、化石のような人たちがいます。

どんな人かというと、時代の波に乗り遅れている人。

特にこの傾向は、40代以上の、プライドの高い人の中に多いように感じます。
昔、モテたという人の中にも多いですね。

いまだ独身で出会いもなく、結婚したいけど、結婚相談所だけは行きたくない・プライドが許さない・・・と。

しかし、20代、30代の人は、結婚相談所を、もっとカジュアルに捉えています。


結婚相談所が最後の砦だった時代は、昭和です。
今や、時代は令和です。

どうしても「最後の砦」だと信じて疑わないなら、一度入会して中を覗いてみるといいでしょう。

特に、恋する婚活部は、あなたが想像しているよりも、ずっとレベルの高い(内面も外見も◎の)会員さまが揃っています。

例えば・・・学生時代のクラスを思い浮かべてみてください。
クラスの中でふつうにモテそうな部類の人がどんどん入会しています。

じゃあ何で、モテそうなのに入会してるの?

という疑問が出てくるかもしれません。

それは、単に、
「職場に出会いがないから」
「自然な出会いがないから」
「身元のきっちりした人と出会いたいから」
「一日も早く結婚したいから」
のいずれかに集約されます。

決して、モテないから入会しているわけではないんですよ♪
うちの会員さまにも、恋愛は過去にたくさんしてきたけど、そろそろ真面目に結婚したいという人が何人もいます。

「最後の砦」とかいう、昭和時代の古い意識を取っ払ってみてください。

むしろ、令和時代の「最後の砦」は、婚活アプリです。

婚活アプリを使う前に、勇気を出して結婚相談所のドアをノックしてください。
アプリは、最初の間口は手軽で広いですが、そこから結婚に至るまでには、かなりの労力と時間が必要です。
アプリを使って結婚できる可能性は1%と言われています。よっぽどの恋愛強者だと自覚している人以外は厳しいです。

特に、「結婚したい、子どもにも恵まれたい」と望むアラフォーさんは、婚活アプリでは、とても時間が間に合いません。。。

同じカテゴリの最新記事

【大阪・堺】もんじゃ焼きの美味しいお店、...
2020年8月の「恋する婚活部」を振り返...
お見合い時まで顔を敢えて見ない。攻める婚...
事務所兼サロンを堺市に移転します。
top