080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

【中西なほ子の婚活論】「コロナが怖い」で相手と会わなければ、ご縁も終わる。

全国的にコロナ感染が広がっている状況で、このことを発信するべきか迷いましたが、
敢えて発信することにしました。
 
交際中の相手がいるのに、「コロナ感染が怖いから、会うのはしばらくやめておきます」
という人がちらほらいます。
職場から「家族以外と会うのは自粛してください」と厳しく制限されているケースもあり、
その判断は難しいところですが、ご縁をつなぐ仲人の立場から言わせてもらうと、
《相手と会わなければ、ご縁は終わります。》
 
会わなくてもご縁が続くのは、もう、しっかりとお互いに信頼関係ができている場合のみ(夫婦や、それに近い状態の時)です。
交際中ですと、まだまだ相手の気持ちが読めなく、関係が不安定です。
だから、どんなに毎日LINEのやり取りをしていても、ちょっとしたことで疑心暗鬼になったり、感情のすれ違い、ボタンの掛け違いが起こります。
 
なので、わたしは敢えて、
《失いたくない相手なら、会ってください》
と伝えています。
自粛はあくまでも、自分に最終決定権があります。自粛=命令ではないのです。
 
春の緊急事態宣言の間も、工夫してデートしていたカップルは、何組もゴールインしていきました。
「職場から言われているから」とか、「基礎疾患のある高齢者と同居しているから」とか、
「万が一の感染が怖いから」と、相手と会うことを諦めた人は、
せっかく繋がりそうだったご縁が終わりました。
 
そして、自粛を要請する職場は、あなたが好きな人と会わなかったがために関係が終わり、
結婚できなかったとしても、決してその責任を取ってくれません。
だから、あとは自己判断にはなるのですが、失いたくない相手であれば、
ぜひ我慢せずに会ってください。
 
健康な男女が一対一で会うことが、どう考えたら感染リスクが高いと言えるのでしょう。
無症状者から感染する可能性は限りなくゼロに近いのです。
「無症状でも感染する」の情報に踊らされず、冷静になって判断しましょう。
 
もちろん、会う場所やデートコースは工夫しましょう。
 
例えば、空気がきれいで人混みの少ない場所や、個室の飲食店など。
直接、お互いの目を見て話してこそ、心は通じ合い、ご縁も結ばれます。
オンラインお見合いは、この時期は確かに増えていますし、
わたしもある程度は必要だと思っています。
しかし、結婚まで全てオンラインで進むことはあり得ません。
 
「交際相手が万が一、感染していたら怖いから、会えない」というのは、
相手を信頼していないし、失礼極まりない話です。
相手の感染を疑うよりも、ご自身の免疫力を上げることが、自己防衛手段として一番有効です。
 
具体的には、
①睡眠のゴールデンタイムと言われる夜23時〜朝5時まではしっかり眠ること。
②シャワーだけで済まさず、毎日お風呂の湯船にじっくり浸かること。
③よく笑うこと。
などです。
簡単ですよね。
 
日常生活で、このへんをしっかり意識していると、
あらゆる感染症を始めとした病気に罹りにくくなります。
そして、③の「よく笑うこと」は、最高に免疫力を高めます。
ただし、コロナに限らず、この季節は体調が崩れやすい時期です。
体調の悪い時は無理せず、予定を延期しましょう。

そういえば、こんなことがありました。

ある二人の男性(A氏、B氏とします)と仮交際していた女性がいました。
A氏は、「コロナ感染が広まっていて、会社からも言われているから、しばらく会うのはやめましょう」
B氏は、「コロナ感染が広まっていて、会社からも言われているけど、何とか会える方法を探りましょう」
と、女性に提案しました。
 
女性は、A氏に別れを告げ、何とか会える方法を探ってくれたB氏を選びました。
職場からの「自粛要請」と、結婚するかもしれない相手。
天秤にかけてみて、その相手と会うことの方が大切だと思うなら、
自分の直観を信じて、遠慮せず会いましょう。

同じカテゴリの最新記事

【男性必見!】婚活デートにチェーン店のカ...
お見合いまで顔を見せない「ブラインドお見...
高知の結婚相談処「結々(むすびゆう)」の...
①身長170cm②年収500万③大卒の男...
top