恋する婚活部の縁結びブログ

【中西なほ子の婚活論】40代独身。一生おひとり様で生きていきますか?

最近、同世代の40代半ば〜後半の独身女性とお話しすることが多い。
悟り切ったかのように、
 
「もう、子どもを産む年齢でもないし、ここまで来たら一生独身の覚悟をして、
暮らしだけには困らないように働いて、老後は他の人に迷惑をかけないように、
施設に入るお金を貯めているんです」
 
と言う人もいる。
いやはや、しっかりしすぎているというか、何というか。

40代。結婚をあきらめるのはまだ早い。

まあ、結婚したからと言って、老後の暮らしの不安がゼロになるかというと、そうではない。
そして、最期は一人で死んでいくものだから、一生独身であろうが、
結婚していようが、結局同じだという考え方もある。
 
けれども、結婚していたら、どちらかが体が弱って病気になった時に、
介護して、支え合うことができる。
収入も、一人でいるよりは二人の方が、ずっと、支え合うことができる。
何より、気持ち的に支え合えることが、結婚の良いところ。
そしてまだまだ40代、結婚を諦めるのは早い。
 
うちの恋する婚活部でも、昨年、50代前半の女性が成婚退会した。
いくつになっても、諦めなければ、本気になれば、結婚はできる。
一生おひとりさまを見越して、施設に入るための蓄えをしておくのも結構だけど、
死ぬ瞬間に、「結婚しておけばよかった」と後悔しないか?
 
わたし自身、かつては一生独身の覚悟をしていた一人だし、
周りからも「なほちゃんは一生独身やろうな」と思われていたと思う。
いかにも独身臭が漂ってたし、一人で生きていけそうに見えていたんだろう。
しかし、39歳11ヶ月の時点で、
一人で残りの一生をずっと過ごすのか、
結婚して家庭を持つか
の両方の未来をイメージした時、
結婚していた未来の方が幸せそうだった。
だから、そちらの未来を選択した。
 
あの時点で諦めていたら、今もずっと45歳で独身だったと思う。
39歳11ヶ月が、本気で結婚に舵を切った分岐点だった。
(夫と付き合い始めたのは40歳になってすぐ)

《選ぶ婚活》から《選ばれる婚活》へ。

繰り返しになるが、わたしと同世代の40代独身女性の方、諦めるのはまだ早い。
ただし、40代以降の婚活は心構えがいります。
 
婚活の黄金期は、
女性は20代後半〜30代前半。
男性は、30代前半〜30代なかば。
そう考えると、年齢的には、確かに厳しいです。
(だから、ぼんやり自然な出会いを待ってないで、
若いうちに一日も早く動いた方がいいよ!と何度も言ってるんです)
ということで、特に40代以降に婚活する人に、この言葉を捧げます。
 
ずばり、
【《選ぶ》と思うな、《選ばれる》と思え】です。
 
その心は、
《選ぶ》という上から目線ではなく、
《選ばれる》という謙虚な目線でいること。
年収・学歴・容姿や、ちょっとした癖、ちょっとした失言を厳しくジャッジし、
あれはイヤ、コレはイヤと《選ぶ》婚活をしていては、
何年経っても成婚には至りません。
それこそ、婚活難民&一生独身コースまっしぐら。
 
《選ばれる》婚活とは、
【自分を選んでくれた人を大切にする】ということです。
「わたしを選んでくれてありがとう」という考え方は、とても大切です。
愛される結婚は幸せですよ。
ぜひ、心に刻んで婚活頑張りましょう!

同じカテゴリの最新記事

【男の婚活マニュアル】ファーストコール
日本ブライダル連盟(BIU)より 3月度...
【実話】年収500万円の女性の婚活。
【映画・花束みたいな恋をした】好きな人に...
top