恋する婚活部の縁結びブログ

【婚活女性必見!】「自営業男性の年収250万円」は高いのか低いのか?

男性の年収についてのハナシ。
たとえば、プロフィールで「年収250万円」と書かれた男性がいるとしましょう。
一般的に、年収が250万円だと「ちょっと低いよね・・・」と女性は敬遠しがちで、お見合いを申し込まれても、最初からお断りする傾向にあります。
たしかに、サラリーマンで「年収250万円」は少し低めかもしれません。
手取りの年収は200万円ほど、月収は17万円ほどとなります。
※とはいえ、高知県の平均年収・月収はだいたいこのくらいです。
 
しかし、自営業で「年収250万円」と書かれている場合は、少し事情が異なります。
自営業の「年収250万円」は、売上から経費を差し引いた額。
年商(売上)は、ゆうに1000万円を超えている人が多いからです。
そして、自営業で年収250万円の人は、わたしが知る限り、けっこう裕福な暮らしをしている人が多いです。
この話をわたしが女性会員様にすると、
「え!そうなんですか?!知らなかったです」
と、目を丸くされる方がほとんどです。
年収の数字だけを見て、
「250万円だと生活できなさそうだから・・・」
と敬遠するのはやめましょう。
そして、サラリーマンで年収250万円の男性だったとしても、手取り月収は17万円あります。
夫が手取り17万円稼ぎ、妻が13万円稼いだとしたら、世帯月収は30万円。
独身一人暮らしよりも、結婚して家庭を持った方が、二人で稼げる分、余裕で暮らせるということが分かると思います。
ここで、
「そうは言っても、子どもができたら女性は働けなくなります!」
という意見が出てくるかと思います。
しかし、それは何年かの間の話でしょう。
子どもができたからと言って、子どもが成人するまで専業主婦の人は、今の時代、ほとんどいませんよね。
育児休暇で何割かはお給料が出る人もいるかと思いますし、そうでなくても、今までの貯金で何とか賄えないか?とか、考えてみるのも一つです。
 
男性を年収でバッサリ切るのではなく、まずは会ってみて、価値観が合うか?を見てほしいとわたしは心から願っています。
年収だけで男性を見てしまったら、必ず失敗します。
そして、男性の年収に頼るより、
「男性の年収が少ないなら、自分が稼ぐから大丈夫♪」
くらいの逞しい女性の方がモテます。

同じカテゴリの最新記事

「恋する婚活部」は5月1日で2周年を迎え...
職場で良い方とのご縁があり、退会される会...
【婚活女性必見!】「自営業男性の年収25...
「成婚料が高い…」と入会を躊躇する人が...
top