080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

【婚活メソッド】お見合いで失敗するパターン、5つ教えるよ!

日本ブライダル連盟(BIU)より「2020年ご成婚実績優秀賞」を受賞しました、【マリッジサロン大阪・高知の恋する婚活部】の恋愛カウンセラー中西なほ子です。当相談所は大阪・高知の2か所サロンを運営しています。オンラインも対応しておりますので全国各地の会員様が活動中!いつもありがとうございます。
 
さて、結婚相談所を開業して以来、多くのお見合いを見てきました。
そこで今日は、お見合いで失敗するパターンを5つお伝えします。

①服装がラフすぎる・・・

必ずしもスーツで!と言っているわけではありません。しかし、Tシャツに短パンとか、フード付きのスウェットとか、作業着とか、まるで家の近くのコンビニに行くような服装の人がたまにいます。
これでは、相手は第一印象で幻滅してしまいます。
 
男性は、最低限、襟付きのシャツにセンタープレスの入ったパンツは守りましょう。靴は革靴必須です!女性は、男性受けが良いのはやはりワンピースです。「普段、スカートなんて履かないし、持ってないので」と、パンツスーツでお見合いに挑む女性がいましたが、お見合いは婚活であり、お仕事ではありません。スカート、持っていなければ、購入しましょう。それくらいの手間はかけなければいけません。
 
また、女性は普段はお化粧をしない方も、マナーとして薄化粧はしておきましょう。
異性を感じられるか?が、お見合い成功の秘訣です。

②会話の内容が、仕事の話ばかり・・・

これは、男性にめっちゃ多いです。1時間のお見合いの間、話すことといえば自分の仕事の話ばかり。
女性は聴き上手な人が多いので、「うん、うん」と相槌を一生懸命打つため、男性はこの話に興味を持っていると勘違いしがちですが、心の中ではうんざりしていることが多いのです。
 
仕事の話から自分がいかにすごいか?の自慢話に発展することも多く、これも女性は辟易してしまいます。気をつけましょう!!!仕事の話は、初対面での会話のきっかけとしては良いですが、そこそこで切り上げて、お互いの共通点を探って、そこから話を盛り上げていきましょう。
 
男性も女性も、自分の話ばかりしないで、相手のことも聴いてあげましょう。ただし、「質問」が「詰問」になるのはNGですよ!

③過去のお見合い相手の悪口・・・

これも多いですね。特に、立ち合いの仲人さんが帰ってから、ぶっちゃけトークが炸裂することが多い。例えば、「前にお見合いした人は最低で!タイプじゃなかったけど、仲人さんに勧められてイヤイヤお見合いに行ったんですわー。会ってみたらやっぱり全然可愛くなくて、早々に切り上げて帰ってきたんです!」などのぶっちゃけ話。
 
「今回のあなたはタイプなので良かったです!」と押されることもありますが、こんなので、お相手はあなたを好きになると思いますか??

④愚痴全般・・・

愚痴にもいろいろありますが、最も多いのが、仕事の愚痴です。次に多いのが、離婚経験アリの方の、前の結婚相手の愚痴。愚痴も言いたくなるでしょう。しかし、ここはお見合いの場です。
 
初対面で、仕事の愚痴を延々と聴かされたり、前の結婚相手の愚痴を涙ながらに語られたら、どう思いますか?お見合いでは、愚痴厳禁!!です。では、いつの段階から相手に愚痴を言っても良いのか?ですが、これは、言わずに結婚まで進めたら、ベストです。仮交際でも、真剣交際でも、愚痴を言った時点で、交際終了になる可能性は高いです。

⑤お見合い時間が大幅に延長される・・・

お見合い時間の目安は、対面だと1時間、オンラインだと40分です。れより大幅に長くなるとよろしくありません。特に、男性が、お見合い相手の女性を気に入った時に多いのですが、女性はもう帰りたいと思っているのに、話を切ってくれない・帰らせてくれない。こういうパターンを何度も聞いてきました。
 
自分は盛り上がっているつもりでも、相手はそうでない場合が多々ありますよ。初回は、余韻を残しつつ、もう少しお話ししたいな・・・と思える時間で切り上げるようにしましょう。

番外編:コロナ観が合わない

例えば、四六時中、マスクを鼻の上までぴっちりしておかないとコロナが感染すると思っている人と、マスクの装着しすぎは健康に悪いと思っている人がお見合いをしたとしましょう。
マスクを四六時中ぴっちり装着している人からしたら、一方がちょっとマスクを外しただけで、「飛沫感染が!コロナが感染する!」と受け取るわけです。
 
どちらが良い・悪いはここでは触れませんが、コロナ観はお互いが似ていないと、お見合いは上手くいかないと、最近のわたしは悟りました。しかし、一言言いたいのは、いつまでもマスクをつけたまま・素顔を一切見せないままでは、ぜったいに結婚には至りません。
 
結婚生活が始まったら、家の中でまでは、まさかマスクはしませんよね。
そして、目の前の人がコロナかもしれない・・・と疑いながらお見合いするのは、少々失礼かなと個人的には思います。一番の感染対策は、マスクでも注射でもソーシャルディスタンスでもなく、自己免疫を上げることです。自己免疫を上げるには、よく笑い、よく眠り、お風呂にゆっくり入り、身体に良いものを食べることです。
 
コロナに限らず、神経質になりすぎる人は、なかなかお見合いから先に進みません。以上、お見合いで失敗するパターンでした!参考になれば幸いです。

同じカテゴリの最新記事

【男性必見!】婚活デートにチェーン店のカ...
お見合いまで顔を見せない「ブラインドお見...
高知の結婚相談処「結々(むすびゆう)」の...
①身長170cm②年収500万③大卒の男...
top