080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

ある愛人女性の末路。(実話)

 
2015年の国勢調査では、50歳時点で一度も結婚していない人の割合は、
男性 23.6%(約4人に一人)
女性 14.6%(約7人に一人)
 
50歳までずっと独身だと、その後結婚する可能性は限りなく低いから、「生涯未婚率」と言うのです。若い時は、遊びたいし、自由がいいし、子どももほしくないし、結婚なんか向いてないと思っている人も、年を重ねてくると、「倒れた時、どうしよう」「一人で死にたくない」と、急に不安になって、寂しくなってくるのです。
 
「そしたら、入籍なんてしなくても、心が通じ合えるパートナーがいればいいやん」、という話にもなりますが、やはり、日本においては、法律上の籍が入ってるか否かは、大きな違いがあります。
「法律に縛られる」という考え方もあるかと思いますが、「法律に守られる」という点もずいぶんある。
 
こんな話がありました。実話です。
 
何十年も事実婚をしていた女性(A子さんとします)がいました。
相手の男性は本妻がいましたが、形だけのもので、生活を共にしていたのはA子さんでした。
本妻もA子さんの存在は認めていました。
相手の男性が社会的地位も高く裕福だったため、A子さんは、セレブのような何不自由ない暮らしをしていました。

やがてその男性が病気で亡くなりました。
看取ったのはもちろんA子さんです。

ところが、ここで本妻が出てきました。
彼のお葬式にも出してもらえず、遺産も一銭ももらえませんでした。

今、A子さんは、生きていくために60歳を超えて初めて仕事の掛け持ちをして、肉体的にも精神的にも苦しい生活をしているそうです・・・。
 
わたし自身、「結婚しなくてもパートナーがいれば十分」と思っていた時期がありましたが、今ではやはり、法律婚をして良かったと思います。
 
最近思うのが、結婚願望のない人にも、実際の結婚生活の良さを伝えていくことって、じつは大切じゃないか?ということ。
 
結婚生活は、相手選びさえ間違えなければ、とっても心が安定して、毎日幸せです。

「お金がないから結婚できない」という人もいます。
でも、お金がないからこそ、結婚した方がいいんです。
一人の収入よりも、二人の収入になると、とても楽です。

同じカテゴリの最新記事

「お見合いではなかなかいい人に出会えない...
成婚退会できる人は、仲人とどんなLINE...
ある愛人女性の末路。(実話)
結婚してからも、ラブラブでいよう。
top