080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

【男の婚活マニュアル】デリカシーのない発言。


男性向けです。
ここを直せばあなたのお見合いは上手く行きます!

ついつい、心で思ったことそのままを口にしてしまう癖がある「いらんこと言い」の人や、「デリカシーがないよね」と周囲から言われている人。

よーーーく気をつけましょう。

口に出す前に一呼吸置いて。

女性の体型、年齢などに言及するのは、もってのほかです。
(「胸大きいですね」や、「写真よりぽっちゃりしていますね」「写真より老けていますね」「若作りですね」など)

たとえ、「脚がキレイですね」「髪がキレイですね」など、女性の容姿を褒める内容のものだったとしても、初対面の女性からすると「気持ち悪い」の一言です。

また、こんなこともありました。

NGワード連発後、
「あ、これは聞いたら(言ったら)ダメでしたね」と口を塞ぐ動作。
しかもそれが何度も続く・・・

聞いたらダメな質問とは、例えば、「今まで何人とお見合いしてきたのですか?」とか、「どれくらいの間、婚活してきているのですか?」のようなことです。
もちろん、女性も同じです。

これらの質問は、確かに喉から手が出るほど聞きたいところではあるのですが、NGです。

なぜかというと、相手を品定めする質問だからです。

もしくは、居住地についての詳細(「○○市のどの辺にお住まいですか?」「駅で言うとどこですか?」など)や、職場名、フルネームなどもです。

お見合いの場では、個人情報を話しすぎない・聞きすぎないことが鉄則です。

理由は、一方は交際を希望したのに、一方はお断りして交際不成立となった場合などに、万が一、交際を希望した側が断った側の情報を調べて、SNSから連絡を取ってきたり、駅や職場の前で待ち伏せされたりするのを防ぐためです。
※まあ、そんなストーカーみたいなケースは滅多にないですが、念のために、です。

お互いの個人情報は、仮交際成立後、少しずつ開示していきます。

そんなこともあり、各相談所では、「この質問はダメですよ」と、たいがいアドバイザーからのアドバイスがあります。

しかし、お見合いで、ついつい口からそれらの質問が出てしまい、そのたびに「あ、この質問はダメでしたね」と、口を塞ぐ動作をしてしまう、慌てん坊の人、いませんか?

これは、頭ではわかっているつもりだけど、ちゃんとハラまで落とし込めていない状態なのです。

お見合い前に、よくよく確認しておきましょう。

なぜその質問がダメなのか?
なぜ、その発言がダメなのか?
の意味をしっかり理解すると、うっかり口にするというようなことはなくなります。

同じカテゴリの最新記事

【トーキョーカモフラージュアワー】という...
「見た目がタイプ」にこだわった結果、2度...
第一印象の「ピンとくる」は、どこまで当た...
お寺に婿養子に来てくれませんか? お相手...
top