080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

【婚活論】いい人に出会えない。毎回、お見合いに行くのが苦痛です。

「毎回、お見合いに行くのが苦痛です。好きでもない初対面の人と、毎回毎回、一から会話をするのが苦痛なんです。お見合いというシステムが、自分に合ってないみたいで・・・こんな苦しい思いをするなら、もう結婚なんてしなくていいかな」

こんな心の叫びを今まで何度も聴いてきました。

昨日も、夜中に1時間、女性会員さまとコンコンとお話ししました。

年齢は40代後半、アラフィフ、初婚。
見た目は同世代の中では若く見えるし、可愛いです。
しかし、お見合い成立になるのはアラカン世代(50代後半)のおじさんばかり。
せめて同世代の、できればイケメンとお見合いしたいのに、10も年上のおじさんとばかりお見合いで、年齢差を感じて、テンションが下がる・・・
自分と釣り合うのはおじさんばかりということ?!

かと言って、同世代なら誰でも良いわけでもなく、身長が高すぎたり低すぎたり、太っている人、髪が薄い人やモッサリした人はイヤ。
年収も、250とか300とか言われるとテンションが下がる。

こんなことを繰り返しても意味がないような気がする、私が好きになれる人ってどこにいるんだろう。ここにはいないのかな?

あなたの考える「普通」は本当に普通なのか?

さて、結婚相談所での婚活は、アラフォー世代以上は圧倒的に男性が優位です。
年齢が上がるにつれて・・・、特に40代以上になると、全体的な男性会員の割合が3、女性会員の割合が7ぐらいになり、条件の良い男性に女性が群がる形になります。
そして男性の比率が少ない分、条件や容姿はごくごく普通の男性でも、どちらかというと男性の方が女性を選べる立場にあります。

たとえば47歳で初婚、年収3000万、一流大学卒、福山雅治のような見た目の会社経営者、性格は女性をリードしてくれて、話が知的で面白くて、物腰も柔らかく優しい、今まで仕事に一生懸命になっていたから婚期を逃したような男性が登録したら、同世代の女性はともかく、10歳年下、いや下手したら30代前半の女性からも申し込みは殺到するでしょう。

そしたらその47歳の男性は、わざわざ同世代の女性を選ぶことなく、30代前半の可愛らしい女性を選ぶ。

これは当たり前のことかもしれません。

「いやいや、何もそこまでは望んでません!普通でいいんです!」
とおっしゃるかもしれませんが、その普通の基準をヒアリングしてみると、けっこう高い。

まずは年収は500はほしい。
できれば大卒、知的な人、同世代。
離婚歴はあってもいいけど、子どもがいたらイヤ。
タバコはイヤ。転勤がある人はイヤ。
見た目も、中の上以上で。
太ってる人・禿げている人、低身長は無理。
会話はリードしてくれる人がいい。

と、まあ、こんな感じです。

結果、結婚をあきらめるか、マッチングアプリに行くか。

では、婚活に行き詰まった40代女性はどうしたら良いのか?というと、結婚を諦めるか、マッチングアプリに流れる女性が多いんですよね。

マッチングアプリは、真逆の現象で、年齢が上がるにつれて男性が増え、女性が減ります。
40代以上になると、男性7に対して女性3の割合。

結婚相談所では出会えなかったような、イケメンの年下くんとマッチングすることもあります。

完全に、女性優位♪♪
と思いきや、ここに大きな落とし穴があります。

40代以上の、男性のマッチングアプリ登録者の半分は、既婚者です。そして残りの半分も、まじめに結婚したいから登録しているという男性はごく少数派で、軽い恋愛気分や、ヤリモクやママ活目的の人がほとんど。

そして、ごく少数派の、まじめに結婚したい40代以上の男性のマッチングアプリ登録者は、失礼ながら、女性から見て魅力的に見えない容姿や年収の人が多い。(年収はマッチングアプリならサバも読めますので、100%信用しない方がいいです)

悲しい現実ですが、
《いい人はとっくに他の人のものになっています。》

アラフィフ女性が、15歳以上年下のジャニーズ系のイケメンとマッチングして、すっかり初対面から舞い上がって身体まで許したのに、そこから音信不通。女性は精神的に参ってしまい、不安から電話占いにハマって占いジプシーとなり、何人もの占い師に彼の気持ちや連絡がいつ来るか?を聞きまくって散財した・・・という話もあります。

解決策はあるのか。

さあ、40代で婚活する女性は、これからどうしたら良いでしょうね??
いや、40代と言わず、30代後半のアラフォー世代から当てはまってきます。

続きは、解決編の記事にします。

この文章を読んでくださっている貴女も、どうしたら良いのか、自分事に置き換えて考えてみてくださいね。

同じカテゴリの最新記事

【トーキョーカモフラージュアワー】という...
「見た目がタイプ」にこだわった結果、2度...
第一印象の「ピンとくる」は、どこまで当た...
お寺に婿養子に来てくれませんか? お相手...
top