080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

母の日にちなんで、わたしの大好きな写真をUPします。

母の日にちなんで、わたしの大好きな写真をUPします。

42年前の、義母と夫と夫の兄。
夫のお食い初めの時の写真です。

わたし自身は、母になることはなかったけど、もし母になっていたら、こんな可愛い男の子がほしかったなぁ。
・・・と、思います。

義母はわたしと真逆で、家事が完璧にできて、常に一歩引いて冷静に物事を見ていて、とても愛情深く、感情で怒ったりしない性格です。

子育ての際や息子たちが進路を決める際にもそれは表れていて、押さえつけたり親の言いなりにさせたりせずに、常に子どもたちの意思を尊重してくれていたそうです。(夫 談)

そして、今も、普段は、息子と多少の考えの相違があっても、決してそれを口にすることはありません。
息子の自由意思に任せるというスタンスです。

そんな義母が、珍しく意見を言ったことがあるのを夫から聞きました。

それは、約10年前、夫が「僧侶を辞めて別の道に進みたい」と言った時。

義母は、
「しんちゃん。お母さん、辞めてほしくないな。」
と、ぽつりと言ったそうです。

そして、
「お母さん、しんちゃんのお嫁さん見たいな」
とも言ったそうです。

結局、夫は僧侶を辞めて別の道を歩むことになりましたが、
義母のもう一つの願いであった
「お嫁さんを見たい」
という一言は、彼の心に刻まれて、それまで全く結婚願望のなかった夫も、
「そうか・・・結婚はした方がいいのかな」
と思うようになったそうです。

わたしたちが出会ったのは、それから約3年後でした。

結婚するまでは、
「○○家の嫁」
という言葉にとても抵抗を覚えていたわたしです。

今でも「嫁」という言葉に抵抗が全くないかといえば嘘になりますが、中西家の嫁になれて幸せだと思うようになりました。
※夫は、わたしが「嫁」という言葉に抵抗を覚えているのを知っていて、外でも「妻」と言ってくれます。

お義母さん、わたしの最愛の夫を産み、育ててくれてありがとうございます。

文章:中西なほ子

同じカテゴリの最新記事

【実家暮らし】が婚活に与える影響
【社内恋愛】ってどう思いますか?
【御礼】2週間の高知出張を無事に終え、今...
なぜ【お見合い結婚】は【恋愛結婚】より離...
top