080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

結婚相談所の年の差ありすぎ申し込みあるある

恋する婚活部のかわいい28歳女性会員さまに、59歳男性からのお見合い申し込みが来た。
まあ、こういう親子ほど年の離れたお見合い申し込みは珍しいわけではないです。ワンチャン狙ってるんですが、ほとんどお見合い成立になることはないですね。
どこか切ないんですね。
もしかしたら自分も43歳独身だったとしたら、いきなりこのネットシステムを見たら現状把握せず、20歳下にどんどんお申し込みをしてるんじゃないかと思うと・・・
残念ながらワンチャンってないですよ。
さて、若い女性を求める男性心理は分かりますが、年の差婚が成立することは男性側に何かないと無理だと思います。
 
①男性側が若い頃からモテまくっている、いわゆるイケオジ。
②習い事や仕事上の先生ポジションの男性。憧れの対象。
③異次元の金持ち。
 
の、いずれかでないと着火しないです。
加藤茶がなぜ45歳も年下の奥さんと結婚できたか?
それは、奥さんが、子どもの頃からテレビの中の加藤茶に憧れて育っていて、①も②もクリアしていたからです。③もクリアしているでしょう。
自然な出会いとは違い、条件から始まるお見合いでは、①かどうか?は分からないし、②はクリアできません。
③は可能性ありですが、これによってくる女性って正直どうなんでしょうね。
それに、たとえご縁が上手く行ったとしても、女性側の親からの反対を免れないでしょう。
お見合いでの年の差は、どんなにあっても10歳か、ひと周り違いまでかなと思います。

同じカテゴリの最新記事

【トーキョーカモフラージュアワー】という...
「見た目がタイプ」にこだわった結果、2度...
第一印象の「ピンとくる」は、どこまで当た...
お寺に婿養子に来てくれませんか? お相手...
top