080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

婚活は、たくさんの人と出会えたらいいってものではない話。

 
「今まで他の結婚相談所で、○年間で100人以上とお見合いしたのに上手くいかなくて・・・」という人が、当サロンに来られることがあります。
 
いつも思うのは、「出会いの数と上手く行くかどうかは無関係」ということです。
 
100人とお見合いできるということは、スペック自体は悪くない。
条件や写真での一次審査は通過するのですが、たとえ100人とお見合いしても、仮交際から先に進まないのです。
 
では原因は何か?
こういう場合は、ほぼ100%、コミュニケーション力の欠如です。
 
コミュニケーションというと、話題を途切らせないようにすることや、自分という人間を知ってほしくて、自分の話ばかり延々とする人が多いのですが、これは大きな間違いです。
 
大事なのは、まず、《相手の話を聴いてあげること》。
 
そして、もう一つ大事なのは、《仕事の話は封印すること》。
(※初対面の話題のきっかけとして仕事の話はアリですが、長くても10分くらいに収めるようにしましょう。お見合いの1時間、延々と仕事の話を続けるのはNGです。相手はあなたとビジネスの話をしに来ているわけではありません)
 
お見合いを何度重ねても上手くいかない人は、なぜか、自分の話や仕事の話ばかりしています。
 
それよりも、まずは、目の前にいるお相手に興味を持って、お相手の話を引き出すようにしましょう。
 
コミュ力が足りない人は、相手に興味を持つことができていません。
「自分が、自分が」なので、「自分の話を聞いてほしい!」となるのです。
 
誰しも、自分のことはわかってほしいし、話は聴いてほしいでしょう。
 
しかし、初対面で自分自身の話しかできない人(特に男性に多い)は、相手に、「わたしに興味がないの?」と思われてしまいます。
 
あとは、運良く仮交際に進んだとしても、連絡をほとんど取らなかったり、連絡を取ったとしても毎回「今日は暑いですね」みたいな表面的な雑談のLINEのやり取りしか出来なかったり、会っても毎回、とりとめのない雑談を繰り返していては、すぐに仮交際は終わりますね。。。
 
出会いは一期一会です。
わたしは、一回一回の出会いを大切にしてほしいと思っています。
 
何人とお見合いしても仮交際から先に進めない人は、一回一回の出会いが大事にできていない。
 
見た目やスペックがまあまあ良い人は、お見合いは組めるので、同時仮交際が3人以上とかになることがありますが、「この人を逃してもまた次があるからいいや」と、どうしても、一人の人に向き合うことができず、おざなりになってしまいがちです。
 
2年くらい前の話になりますが、当サロンでも、こんなことがありました。
 
見た目が男性ウケする、めっちゃ可愛い女性が入会したところ、全国からお見合い申し込みが殺到。
そのうち何と7人と同時仮交際となったのですが、結局すべてのご縁が中途半端になり、ほどなくして交際終了・・・。
そしてその女性は早々に婚活疲れして、休会。
 
どんなにお申し込みが殺到しても、早い段階で、一つ一つのご縁を大切にするようにアドバイスすれば良かったと、仲人として、わたしも猛反省しました。
(あの頃はまだ、わたし自身の経験も浅かったです)
 
この出来事に懲りて、当サロンでは、それ以来、
「同時仮交際は上限2名まで。仮交際が2名になったら、とりあえず次のお見合いはストップして、ご縁を見極める」
という独自ルールを設けました。
 
このルールを設けてから、成婚者は激増しました。
会員さまもわたしも、一つ一つのご縁と丁寧に向き合うようになったからです。
 
「複数と仮交際しながらも、どんどんいろんな異性に会って見極めたい!!」と思う、ある意味、婚活意欲の旺盛なタイプの方にとっては、このやり方は少々窮屈に感じるかもしれませんが、わたし自身の仲人としての失敗から学んだ経験なので、まずは信じて、このやり方に沿っていただければ幸いです。
 
ちなみに、当サロンで短期でご成婚(婚約)に至る方は、ほぼ全員が、以下の黄金パターンです。
 
入会して初めの2.3ヶ月の間に多くて5.6人とお見合い(中には1.2人の人も)
     ↓
早い段階で一人に絞る
     ↓
入会から半年以内にご成婚(婚約)!!!
 
うまくいく人は、そんなにたくさんの方とお見合いはしていませんし、同時仮交際も多くて2人までです。

同じカテゴリの最新記事

【だから私は嫌われる】中西なほ子
先日のお休みは、妻と近くの天王寺でデート...
仲人に交際終了を伝える前にすべきこととは...
肛門科の女医、みのり先生のブログで、恋す...
top