080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

プロポーズ記念日。ちょうど6年前、2016年11月7日でした。


プロポーズ?!の日のこと。
 
今日はわたしのプロポーズ記念日のことを書いてみます。
夫にプロポーズ??されたのは、
ちょうど6年前、2016年11月7日でした。
なぜ、「??」と書いているかというと、あまりにも呆気なく、これがプロポーズ??みたいな展開だったから。
その日の昼休み、仕事の合間に、わたしは当時住んでいた町の役場に、税金の相談に行っていました。
そうすると、税務課の職員さんが、「入籍した方が税金が安くなりますよ」と教えてくれたのです。
※その年の3月から(現)夫と同棲はしていましたが、籍は入れてなかったので、住民票上は「同居人」という区分でした。
そうして、夕方、仕事が終わって、(現)夫と待ち合わせた、当時のわたしの職場の前の駐車場で、
「なんか、入籍した方が税金が安くなるって言われたよ」
と伝えたところ、意外にもあっさりと、
「そしたら、結婚しようか!」
と言ってくれたのが、プロポーズ(???)でした。
今でも覚えています。
ムードも何もない、駐車場の自動販売機の前でした(笑)
いや、改めて書き起こすと、明らかにわたしがプロポーズを誘導していますね。。。(笑)
でも、その日から、結婚に向けて具体的に動き出しました。
まずは、実家の四万十町の両親に報告したら、すごく喜んでくれて、12月の始めに挨拶に行くことに。
そして、和歌山の夫の実家には、2017年の年明けすぐに挨拶に行くことに。
その流れで、入籍は2017年の6月、挙式は7月7日に挙げようということに。
プロポーズから入籍までは約8ヶ月でした。
また、プロポーズは確かにわたしからの誘導要素が強かったです(笑)が、夫はその後、わたしを不安にさせないために、どんどん段取りを決めて行ってくれました。
ちょうど6年前の今日だったので、書いてみました。
女性の皆さん。
なかなか煮え切らない彼には、いつまでも相手からのプロポーズを待つのではなく、わたしのようにこちらから誘導したり逆プロポーズするのもアリですよ(笑)

同じカテゴリの最新記事

婚活における年収400万円の壁とは。
35歳独身男性が結婚できる確率は、わずか...
日本ブライダル連盟の2022年ご成婚 最...
名古屋の結婚相談所Giftの影山幸美先生...
top