080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

マッチングアプリと結婚相談所。並行して婚活するのはアリか?

恋する婚活部 代表の中西なほ子です。

今回は、このテーマに斬り込みます。
 
わたしが思う答えは、NOです。
 
なぜなら、マッチングアプリと並行している人ほど、結婚がいつまでも決まりません。
 
例えば、結婚相談所でも仮交際をしながら、誰かと会う約束が入ってないと寂しいから・・・と、マッチングアプリもやっているような人です。
 
当サロンでの仮交際が終わったところで、ほどなくして、
「並行してやっていたマッチングアプリで彼氏(または気になる人)ができました。今までで一番しっくりくる人です。ということで、恋する婚活部は退会(休会)しま~す!」
という女性が、過去に何人かいました。
※「今までで一番しっくりくる人」という言葉、それぞれ違う女性から何度も聴いたけど、デジャブだろうか・・・
 
でも、その女性たちは、数年経っても、いまだに結婚できておらず、追っていくと、相変わらず、マッチングアプリや友達の紹介で、出会いと別れを繰り返しています。
それも、ご本人が求めていることなら、まあいいかなと思いますが・・・。
 
あ、過去に一人だけ、恋する婚活部を退会後に、マッチングアプリで結婚できた人がいました。
その女性は、最初から結婚への心の準備が整っていた人でしたね。
マッチングアプリで出会ってすぐでした。
 
「結婚相手にも恋愛のドキドキ感(ときめき)が欲しい」の気持ちが強い人ほど、結婚相談所で出会う人は物足りない・・・とアプリに再び走りますが、それが間違いですよ。
 
結婚相手にドキドキ・キュンキュンするときめきの感情は要らず必要なのは《安心感》と《居心地の良さ》です。
 
わたし自身も、昔はこれが分からなかったのですが、今の夫と出会って初めて分かりました。
 
よく、「この人と手を繋げるか?キスできるか?Hできるか?」で相手を見極めている人は多いと思いますが、それも確かに必要な要素ですが、プラスで必ず加えてほしいのが、「この人の前でオナラができるか?」です。
 
お互いの前で、オナラができるくらいリラックスできて、素でいられる相手じゃないと、結婚生活は難しいです。
わたし自身も、この人の前なら屁がコケる!と感じた相手は、夫が初めてでした(笑)
 
そもそも、マッチングアプリと結婚相談所は、出会いの目的が違います。
 
結婚相談所での婚活は、例えるなら新幹線でいち早く目的地に向かおうとするものです。
マッチングアプリでの婚活は、例えるなら青春18きっぷで、途中下車をしながら、回り道も楽しみながら向かおうとするもの。
 
1年以内に結婚したいと願うあなたが、両者を混合して使うことは、目的が全然違うので、お勧めしません。
 
そして、女性は、結婚目的でマッチングアプリを利用する人も多いのですが、男性は全く違います。
 
男性で結婚目的でマッチングアプリを利用している人は少数派で、まだまだ結婚への気持ちが定まっていない層(ヤリモクや既婚者も)が多数派です。
 
だから、マッチングアプリで1年以内の結婚を目指すのは、とてもハードルが高くなります。(というか、ほぼムリです・・・)
 
まだまだ時間のある20代前半ならともかく、30代や40代になって、結婚目的でマッチングアプリを使うのは、婚期を逃すだけです。
 
女性はそのことをよくよく理解の上、ご利用ください。
 
「マッチングアプリで詐欺に遭いました。ヤリモクに遭いました。傷ついて、もう懲り懲り」
と言って当サロンに入会して来られる方も多いのですが、喉元過ぎればなんとやら。
結婚相談所での婚活を始めても、何人かと会っただけで見切りをつけて、
「やっぱり結婚相談所にはいい人はいないかも。お金もかかるし、無料でできるアプリがいいかな・・・」
と、再びマッチングアプリに手を出す女性が、必ずいらっしゃいますね。
 
そうなれば、確実に、長い長い婚活沼にハマります。
 
さて、コロナ禍の3年間でマッチングアプリ利用者は激増し、なんと1000万人を突破したそうです。
 
出会いが増えているのだから、さぞかし結婚した人の数も増えているのかと思いきや、逆に、日本全体の婚姻数は減っています。
 
ということは、マッチングアプリをやっても、ほとんどの人が残念ながら、出会いと別れを繰り返して、この3年、結婚には繋がっていないということです。
 
コミュ力だけは高い、甘い言葉で誘ってくるヤリモクの男性に、ドキドキ・キュンキュンして沼っている女性の話は実際によく聞きます。
 
出会ったその日に飲みに行って家に泊まらせるなんて、何を考えてるの?と思いますよ・・・
もっと自分を大事にしないと。
そんなことを繰り返していたら、ますます結婚は遠のきます。
 
それが嫌で、もう懲り懲りだと思って結婚相談所に来たのなら、最低でも1年は腰を据えて、結婚相談所のみで活動することをお勧めします。
 
いい人に出会えないなら、ダイエットして写真を撮り直したり、プロフィール文を少し変えるだけで、求めるレベルの人に出会え始めたことも多々あります。
あとは、担当カウンセラーと積極的にコミュニケーションを取って相談することも大切です。
 
そして、出会いの数は、多いより少ない方が確実に結婚に近くなります。

「数打ちゃ当たる」式のお見合いをしている人は、必ず遅かれ早かれ婚活疲れに陥り、休会→退会の流れになるか、そうはならなくても、延々と会うことだけを繰り返し、次のステップになかなか進めません。
※このことについては、また別の記事で詳しく解説させていただきますね。
 
「手持ちのカードが多い(アプリと結婚相談所を並行すること)=たくさんの中から選べるから有利」
という考えは捨てましょう。
 
・・・実は、こんな考えでいる人が、いつまでも結婚が決まらないのです。

同じカテゴリの最新記事

マスクを外しているからお断りではなく、マ...
マッチングアプリと結婚相談所。並行して婚...
「サクラサク40代からの婚活卒業ブログ」...
「まだ結婚はいいかな」「いずれ自然に出会...
top