080-5634-1149

大阪・堺と高知の結婚相談所 マリッジサロン 恋する婚活部

成婚率83%の実績で、あなたの幸せな結婚を叶えるサポートを致します。

恋する婚活部の縁結びブログ

「見た目がタイプ」にこだわった結果、2度の婚約破棄

「見た目がタイプ」にこだわった結果、2度の婚約破棄

・・・という男性がご相談に来られました。
 
過去2回、別の結婚相談所で成婚退会し、同棲まで進んだのに2回とも婚約破棄となっています。
彼自身のスペックも良い方だし、成婚退会まで行けるのですから、お話ししても、それなりの魅力はある男性です。
 
彼が今までこだわってきたのは、「見た目がタイプかどうか」ということ。
男性でも女性でも、とても多いですね・・・。
 
お相手探しをする際、結婚相談所のネット検索にしろ、マッチングアプリにしろ、プロフィール本文はろくに読まず、写真が好みの異性に手当たり次第お申し込みをかけていく人は、心してよくお聴きください。
 
その選び方では、婚約破棄か、離婚します!!!
 
もしくは、たとえ離婚はしなくても、虚しい結婚生活になります。
 
※なので、恋する婚活部では、基本的にご本人がネット検索をして申し込むことは推奨していません。カウンセラーにお任せを推奨しています。
 
男性なら風俗やキャバクラ、女性ならホストクラブなら、見た目がタイプの人を指名するのはまあ、良いと思いますよ。あるいは、芸能人のファンになる時などは、100%「見た目がタイプ」で決めても良いと思います。
それは、夢を見させてくれる対象だから。
 
しかし、結婚相手は全くの別物です。
 
「見た目がタイプだから・・・」という目線だけで結婚を決めることは、とっっっても危険です。
 
タイプの相手だと一時的に気持ちが舞い上がってしまい、相手の本質が冷静に見えなくなるからです。見た目がタイプだと、相手から少々理不尽なことをされても、「好きだから許してしまう」のです。
 
そして、時がだいぶ経って、冷静になった時に、ようやく目が覚めます。
 
昨日ご相談に来られた男性も、過去2回の婚約では、お見合い時から相手に一目惚れ。そしてめでたく交際→成婚退会したまでは良かったのですが、婚約後に、彼女のわがままっぷりが加速し、相手の言いなりになって、相当、理不尽な扱いを受けていました。
 
つまりは、男と女が対等な関係ではない。
 
争いが嫌いな彼は、「好きだから許す」と耐え続けていましたが、とうとう限界に達して、婚約破棄。
 
お話を聴くと、誰が聴いても婚約破棄が正解の案件です。
こんな相手は最初からやめておいたら良かったのに、「見た目がタイプ」に騙され、ババ抜きのババを引いてしまったのでした。しかも2回も。
新居の家具まで購入して住み始めていたのに、高級なホテルの結婚式の予約もキャンセル。
ホテルはキャンセル料も半端ない。新居への引越し代、敷金、礼金なども、、、とても高い勉強代となりました。籍を入れてなかったのがせめてもの救いでした。
 
どうして最初から気付かなかったのか・・・というと、「見た目がタイプだったから」です。
 
わたしは、「見た目がタイプだから」という目線で結婚相手を選んだら絶対にダメだということを、彼にコンコンとアドバイスさせていただきました。
 
彼に、「タイプじゃない人とも結婚できるのですか?」と質問されたので、わたしたち夫婦の例をお伝えしました。
 
わたしたち夫婦は、どちらかが一目惚れしたわけではぜんぜんないし、お互いにタイプだったわけでもありません。
というか、初対面の時は、あんまり印象になくて、ほとんど覚えていません。
しかし、2年間の友達期間を経て、だんだんと友情から愛情に変わってきました。
 
今でも、友情の部分も大いにあり、親友のような関係でもあります。
 
「結婚相手は、親友になれる相手を選びなさい」と誰かが言っていましたが、その通りだと思います。
また、わたしにはもともと婦人科系の疾患があるのと年齢のこともあり、
「体外受精などの高度な不妊治療をしないと子どもは恐らく望めない」
ということをドキドキしながら伝えた時も、
「子作りのために結婚するわけじゃないから、全然良い。チャーリー(←夫)がほこちゃん(←わたし)の子どもになるから」
と、受け入れてくれました。
※わたしがもともと子ども好きだということを分かっていての、「チャーリーがほこちゃんの子どもになる」発言です。変態というわけではありませんので、誤解なきよう・・・笑
 
結婚して5年、今のわたしから夫に対する気持ちは、
「かけがえのない人、唯一無二の存在。」
 
夫の、精神的な深い部分を知るたびに、愛情は日に日に高まっています。
とはいえ、わたしも、若い頃は見た目がタイプの相手に一目惚ればかりしていました。
 
ですが、そんな相手ともし結婚していたら、相手はつけ上がり、わたしはずっと「好きだから許す」と、相手の言いなりになっていただろうし、結婚したことを後悔していたでしょう。
そしてもし子どもができていたら、子連れ離婚していたかもしれません・・・。
 
ご相談者の彼は、目を丸くして、わたしの話に聞き入って、納得され、ご入会を決意されました。
 
結婚相談所を始めて3年あまり、成婚退会も数十組 見てきましたが、恋する婚活部で成婚退会された方は、ほぼ全員が、「タイプかどうか」という目線では結婚を決めていません。
 
「最初はタイプじゃなかったけど、じんわり好きになりました」
「彼とならずっと話が尽きなくて、自然体でいられます」
「この人となら、一生を共にできると確信しました」
などとおっしゃって成婚退会されていきます。
 
昨日の彼も、おそらくこれからは、「見た目がタイプ」という観点ではなく、本当の深い部分での《魂が響き合う》結婚相手を見ていくようになることでしょう。
 
過去2回と同じ失敗は繰り返さないように、二人三脚でフォローさせていただきますね。
 
結婚は、心が通じ合わないと、失敗しますからね。
 

同じカテゴリの最新記事

遠距離仮交際の初デート観光しなくていい。
「もう少し自力でやってみて、無理そうなら...
岩のように頑固な人は、婚活が(というか、...
恋する婚活部・高知サロンでオンラインお見...
top